TOP>占いの種類一覧>四柱推命-生年月日・誕生日で分かる相性・恋愛

四柱推命-生年月日・誕生日で分かる相性・恋愛

四柱推命(しちゅうすいめい)の魅力とは。
当たる誕生日占いと言えば、四柱推命が有名です。
生年月日と時間や場所からその人の性格や運勢、相性、恋愛のスタイル、適職を占う事ができます。

特に仕事や結婚など人生の岐路に自分を見直す事ができます。生年月日と時間を干支などに置き換える命式を出すだけでも大変な占いですが、コンピューターで命式を出せるようになり、無料で解説がついて手軽に占えるようになりました。細木数子の有名な大殺界はこの四柱推命の空亡の理論が基と言われています。

四柱推命-生年月日・誕生日で分かる相性・恋愛

四柱推命(しちゅうすいめい)とは

四柱推命とは、今から約2500年前に戦乱の中国で生まれた陰陽五行説を基にした占いです。
万物は、木、火、土、金、水の五種類からできていると言う古代中国思想の五行のバランスとその関係から占います。

その関係をさらに細かく解説するために陰陽の木は甲と乙、火は丙と丁、土は戊と己、金は庚と辛、水は壬と癸に分け、その五行の関係を比肩、劫財、食神、傷官、偏財、正財、偏官、正官、偏印、印綬と表します。
これらのものを組み合わせて関係やバランスから時期的な事も占う事ができます。
ただし、全ての五行が同じなど、五行が極端に偏っている場合はさらに外格とし、五行のバランスではなく、それぞれの性質の整い方(例えば全て同じ五行である場合は極端にバランスを欠いている状態ですが、全て同じもので揃っているため整っているとします。)で占います。

四柱推命の四柱とは、生まれた年を年柱、月を月柱、日を日柱、時間を時柱として本来は、四つの柱から占いますが、日本では生まれた時間が分からないために三柱で占う事も多い傾向です。
また生まれた時のエネルギーの強弱を十二運と呼び、養、長生、沐浴、冠帯、建禄、帝旺、衰、病、死、墓、絶、胎で表します。これは、人が母親の胎内に宿り、生まれ、成長し、活躍し、引退し、体力が衰え、病にかかり、死をむかえ、墓に入り、あの世へ行く人生の流れに例えられます。しかし、強弱そのものに吉凶はなく、生き方のスタイルを占います。

恋愛で気になる相性を知りたい時

恋愛でまず気になるのは相性です。
そんな時、万年暦という暦の本やインターネットで自分の生まれた日とお相手の生まれた日の十干を調べます。十干は甲、乙、丙、丁、戊、己、庚、辛、壬、癸です。

これらが、干合という組み合わせ甲と己、乙と庚、丙と辛、丁と壬、戊と癸があれば強いご縁があります。日柱に無くてもその他の柱にある場合もそれに次ぐご縁があります。二組以上できる場合は一回別れてもまた一緒になるご縁の強さがあります。
また、自分の生まれた日とお相手の生まれた日の十二支(子、丑、寅、卯、辰、巳、午、未、申、酉、戌、亥)が子と丑、寅と亥、卯と戌、辰と酉、巳と申、午と未の支合と呼ばれる組み合わせがある場合も同様にご縁が強いと占います。十干も十二支も両方あれば、さらに強いご縁と占います。

また、お互いに十干と十二支の両方とも同じ干支があれば、離れにくいご縁となります。但し天に二陽なし、と言われるように、太陽のような人同士の場合はお互いの話を聞かず勝手に行動するため、必ずしも良い相性とは限らない事があり、ただご縁が強いだけの判断となります。
また本格的に相性を占うには陰陽五行のバランスについての知識が必要ですが、初心者でも干合と支合と同じ干支を見つけるだけでも手応えを感じる事ができます。

仕事で適職を知りたい時

仕事や適職を占う方法はかなり複雑なため、ここでは一番シンプルな占いの一部をご紹介します。
相性と恋愛の時と同様に、万年暦という暦の本やインターネットで自分の生まれた日とお相手の生まれた日の十干を調べます。

十干は甲、乙、丙、丁、戊、己、庚、辛、壬、癸です。甲はコツコツと積み重ねられ落ち着いてできる環境でリスクが少ない仕事(公務員など)、乙はチームプレーでリーダーの指示が明確な仕事、(イベント関係や大きな組織など)、丙は強いリーダー性を活かし、高い理想を形にする仕事(公共事業やボランティアなど)、丁は経営手腕を活かせる営業または、夜間の仕事(飲食店のオーナーなど)、戊は落ち着いた環境とプライドが満足できる仕事(研究職など)、己は人が集まる所で人に寛ぎを提供する仕事(ホテルや旅館、テーマパーク関係など)、庚は資格を活かしたり人に教える仕事(医者、警官、裁判官など)、辛は上品で高級品などを扱う仕事(宝石や骨董、音楽、美術、芸術関係)、壬は常に動きや変化がある仕事(運輸関係など)、癸は自由と閃きを大切にするメンバーが集まる仕事(企画やクリエーターなど)この十干の性質を基に向いているお仕事です。
これらは大体の目安で四柱推命で適職を占う一部をあくまでも一例となります。

奥は深い四柱推命

四柱推命は非常に奥が深く陰陽五行が理解できないと大変難解な占いです。
しかし、コンピューターで空亡が判ればその期間は積極的な行動(仕事がうまくいかないから転職をするなど。)を控えるなどの対策や人生の波を活用しやすい占いです。

子丑空亡の人は子と丑の年と大体12月から1月が要注意時期、寅卯空亡の人は寅と卯の年と大体2月から3月が要注意時期、辰巳空亡の人は辰と巳の年と大体4月から5月が要注意時期、午未空亡の人は午と未の年と大体6月から7月が要注意時期、申酉空亡の人は申と酉の年と大体8月から9月が要注意時期、戌亥空亡の人は戌と亥の年と大体10月から11月が要注意時期となります。
しかし、この時期なら逆に未練が少なく断ち切る事ができるため、お部屋の大掃除や悪縁を断ち切る事に向いています。また、陰陽五行は現代生活の中でも役に立つ理論ですから、興味のある方は、専門書をお読みいただくか、や専門家(東洋系の占い師)に相談する事もお勧めです。

ランキングTOP3

  1. 電話占い 魔法のランプ
    初回10分無料!多くのテレビ・雑誌でも紹介!人間性・対話能力に優れた占い師が在籍!
    無料電話占い魔法のランプ
  2. 電話占い ヴェルニ
    全国の占い館提携!全国にいる評判の良い占い師に相談可能!初回1,000円分無料鑑定!
    無料電話占いヴェルニ
  3. 電話占い ピュアリ
    さとう珠緒さんがイメージタレントの電話占い!初回鑑定最大4000円まで無料!
    無料電話占いピュアリ

sponsored link

Pocket
LINEで送る